歯に詰め物をする効果 | 古い詰め物は身体に影響を与えるのか

歯の詰め物の基礎知識と古い詰め物による身体への影響についてまとめた歯科情報サイト

歯の詰め物の劣化原因と詰め物の劣化を遅らせる方法

基本的な詰め物の定義

歯の詰め物というと、軽度の虫歯への補修を目的としたものや義歯を装着する際に義歯で補うのが難しい隙間部分に使用されるものをイメージされるのではないかと思いますが、歯の詰め物、つまり歯科的な意味合いにおける詰め物には、これ以外の意味も含まれており、自然歯補修後に部分的に被せる銀歯やセラミック歯も広義においては詰め物に分類されます。

つまるところ、歯科的な意味合いにおける詰め物とは、単純に自然歯の補修を目的としたものだけでなく、損なわれた自然歯を部分的にカバーするかぶせ物も含みますし、場合によって、自然歯を土台に全体的にカバーするためにかぶせる人工歯に近いかぶせ物も、歯の詰め物として扱われることがあるため、差し歯以外は概ね歯の詰め物とご承知おきください。

歯の詰め物に期待される効果

詰め物に歯科的に期待されるのは、当然ながら歯に対するフォローに他ならず、歯科治療的には仕上げに当たりますが、詰め物の種類によって、求められる効果には違いがあり、初期虫歯における詰め物には歯表面にあるエナメル層の保護効果が期待されますし、治療中の歯に詰められる詰め物には歯の状態維持が求められ、部分的なかぶせ物と併用される詰め物には義歯としての機能の一翼を担うことが期待されるでしょう。

このように、一口に歯の詰め物といっても、治療される自然歯の状況次第で求められる効果には違いが生じますが、根本的に歯の詰め物に期待されている役割に大きな違いがあるわけではなく、基本的に自然歯をフォローすることが歯の詰め物に求められています。


この記事をシェアする