詰め物の長所と短所 | 古い詰め物は身体に影響を与えるのか

歯の詰め物の基礎知識と古い詰め物による身体への影響についてまとめた歯科情報サイト

歯に詰め物をするメリット・デメリット

歯に詰め物をするメリット

歯科治療における詰め物の役割として、歯の詰め物には自然歯の修復可能な欠損を修復まで補助したり、損なった自然歯の機能を補完したりすることがメリットとして期待されるわけですが、自然歯の機能を補助・補完することによって噛み合わせや歯列に狂いが生じるのを防げるのに加え、歯への詰め物には材質ごとに異なる性質もあるため、材質ごとのメリットも生じます。

例えば、歯の詰め物としてポピュラーな銀歯として知られる、保険適用内の金銀パラジウム合金製の場合、金属であるため自然歯ほどではないものの強度は保証され、金が合金されているため黒ずみやすいながらも劣化しにくく、比較的長期間、自然歯の補助と補完が可能となりますし、同じく保険適用内のであるレジンを用いたなら、一定程度は歯の色に対応可能なため、審美的には自然歯が健全に近い状態を維持できるはずです。

歯に詰め物をするデメリット

基本的に歯科治療を施した自然歯は歪にならざるを得ないため、詰め物によって機能的な回復や審美的な回復を図ることになるわけですが、残念ながら詰め物は人体にとっては異物に他ならず、自然歯の補助と補完が望める一方で、デメリットが生じることは避けようがありません。

例を挙げるなら、詰め物は自然歯を補い義歯を構築しているため、万全を期すなら歯科医院での定期的な歯科検診とメンテナンスが欠かせず、歯科医院での定期検診やブラッシングを含め適切にケアしたとしても、詰め物が劣化するといった点が挙げられる他、詰め物の材質が金銀パラジウム合金製の場合、金属アレルギーの発症や黒ずみが懸念され、レジン製の詰め物は吸水性が高く劣化しやすいので注意を要するでしょう。


この記事をシェアする