詰め物の寿命と劣化 | 古い詰め物は身体に影響を与えるのか

歯の詰め物の基礎知識と古い詰め物による身体への影響についてまとめた歯科情報サイト

歯の詰め物の寿命と古い詰め物の影響

一般的な歯の詰め物の寿命

現状存在する歯の詰め物の場合、材質の如何を問わず詰め物として機能し、自然歯の機能や審美を補うことができる期間には耐用年数である寿命が存在するわけですが、金銀パラジウム合金製なら5年、レジン製の詰め物なら3年が目安となるものの、デンタルケアを適切に行ったり、体質的に虫歯が発症しにくかったりすると、必ずしも詰め物が目安通りのタイミングで寿命を迎えるとは限らないとはいえ、保険適用内の金銀パラジウム合金とレジンにしろ、保険適用外の高価な材質の詰め物にしろ、詰め物の寿命は精々10年未満でしょう。

詰め物の寿命は材質が大きく影響するものの、詰め物の材質のみで決定づけられるわけではありませんし、デンタルケア等によるフォローによって寿命を引き延ばすことも望めるでしょうが、結局のところ寿命があることを覆せるわけではないので、異常が無くても5年を目安に歯科医院で診察とメンテナンスを受けるべきです。

古い歯の詰め物に懸念される身体への影響

現状、人間の不老不死が不可能であるのと同様に永久不滅の物質は存在しませんし、例え永久不滅に近しい物質があったとしても歯科医療への転用が行われていなければ意味がありませんので、使用できる材質が永久不滅でもそれに準じるものでもない歯の詰め物も、当然ながら劣化を免れることは不可能です。

必然的に劣化することになるとはいえ、歯の詰め物の材質が劣化したとしても即座に身体に悪影響を与えるようなケースは稀であり、詰め物をした歯や詰め物をした歯の周囲の歯と歯茎に異常が発生していなければ、身体への悪影響はまずあり得ませんが、詰め物の寿命の目安である5年以上経過し、歯と歯茎に異常が生じている場合、詰め物の劣化で自然歯の補助・補完機能が発揮できず、歯や歯茎に細菌等が繁殖していることが疑われるため、古い歯の詰め物を放置することは得策ではありません。


この記事をシェアする